白髪染め トリートメント

白髪でも気にしない!白髪染めトリートメントで白髪はカシコク染めよう

MENU

白髪染めのトリートメントの成分にもアレルギーの心配あり

たんぽぽ

 

白髪染めは地肌に悪い影響が多いという事で、白髪トリートメントが注目されています。どんな成分が含まれているのか調べてご紹介します。

 

一般的な白髪染めは、髪の内側から色を染める仕組みで中には髪を傷めたり、地肌を傷めたりする商品もありますし、個人個人の体質によっても合うもの合わない物が存在します。通常、自分で染める染料は簡単に染まるように、美容室の溶剤よりも強い場合があります。

 

白髪トリートメントの成分には「染料」「トリートメント」「香料」の役割を果たす成分が全て配合されています。

 

「染料」の部分の成分は大まかに分けると、合成染料の「塩基性染料」が含まれています。2001年の規制緩和で使用できるようになった物で、分子自体が大きいので髪の中まで浸透せず、イオン結合で染まり、化学反応を起こさない染料なので身体に優しいのです。その反面、色の定着はあまり良くありません。

 

「HC染料」も代表的な成分で、こちらも2001年の規制緩和から使用できることになった物で、分子の大きさはとても小さく、キューティクルのひだの隙間にくっつく事で発色します。一般的な染料はキューティクルを薬剤で開き、その間に染料を入れ込む方法なので髪が傷みますが、染料がくっついているだけの状態なので髪は傷みません。

 

染料に含まれる天然成分は、ヘナに含まれる「ローサニア」という物が染料として使われていて、更にトリートメントとしての働きも持ち合わせています。他にクチナシも天然染料として含まれている代表的な物です。

 

トリートメントの機能を果たす成分で注意したいのが「シリコン」です。髪をサラサラな質感にしますが、毛穴を詰まらせる原因であり湿疹の原因でもあります。またシリコンが頭皮の皮脂を奪う事で、頭皮のバリアの機能が失われることもあります。

 

香料は「合成香料」が悪影響があり、安価なトリートメントには配合されることが多いです。無香料や天然香料の物の使用をお勧めしますが、天然成分だからといってアレルギーを起こさないという保証がある訳ではなく、アレルギーになる可能性は大いにあります。敏感肌の方は必ずパッチテストをする事をお勧めします。

 

 

自分に合った白髪染めを選ぶには?

 

色んなものを試してみる、と言いたいところですが、そんなお金も時間もかけている余裕はないですよね。

 

今すぐに自分に最適な白髪染めを見つけるには、やはり人気の商品を選ぶのが手っ取り早いです。

 

しかし、それが自分に合うのかは分かりません…。

 

でも、安心してください。
カシコク「白髪を染める」ためにはこちらを参考に!
自分に合った白髪染めを選べるはずです。

白髪染めトリートメントの効果的な染め方

 

白髪染めトリートメントの使用後、すぐに効果がある訳ではありません。髪の健康を維持するため、染料の成分が髪を傷めることなく染まる分、効果は少しずつです。一般的な染め方は、シャンプーの後にタオルドライし、白髪染めトリートメントを髪全体に塗布します。その後5分〜10分以上放置した後しっかりとお湯ですすぎます。お風呂で白髪染めが出来るので、簡単ですし頭皮を傷めないので毎日でも続けられます。

 

トリートメントを使用した実験のデータによると、大体において5回目くらいから色が少しずつ目に見えて定着し、初めての場合は10日間は続けて使用すると色が定着します。ただし色をしっかり定着させたい場合は、シャンプーは弱酸性の髪にやさしいものを使う事で、色落ちが起こらない様に注意する必要があります。

 

髪の根本から色を付ける染め方は、シャンプーの前にトリートメントを使用します。その場合は、前日のシャンプーでシリコン等のコーティング剤を含まないシャンプーを使用する事によって、より発色する様に配慮する事が重要です。殆どのシャンプーがシリコン入りだと考えられるので、傷めずに髪を染める事を望むのならシャンプーはノンシリコンにしましょう。

 

もっと色を濃く定着させる染め方は、乾いた髪に直接トリートメント剤を塗ることです。そして、洗髪後はタオルドライした後、ドライヤーで乾かす必要があります。その場合は、色持ちも良く、まくらなどに色移りもしません。育毛剤や整髪料を併用して使用すると色落ちする事がありますので注意が必要です。

 

髪の質によっても染まりにくさがあります。白髪染めトリートメントの髪を染める仕組みは、髪のマイナスイオンにトリートメントのプラスイオンがイオン結合して染まるので、ダメージを受けている髪ほどマイナスイオンを帯びることから染まりやすいと言えるのです。その逆の「髪を染めたことが無い」「太い」「硬い」髪質は染まりにくい髪となります。硬い髪であっても、パーマやヘアカラー等をしてきた場合は、髪のキューティクルも傷ついていたり開いていたりする事が多いので、染料がくっつきやすく染まりやすい傾向です。

 

更新履歴